読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tatolog

冬はマラソン、夏は登山、年に2回は海外旅行が理想です

御岳山〜日の出山〜つるつる温泉:山を降りたら即温泉の奥多摩登山ヘブンコース

f:id:tatolog:20170506210430j:plain

2017年GW終盤。ごきげんな晴天の土曜日に御岳山に行ってきました。登山道を下りてから10分ほどで温泉に行けるというナイスコース。温泉後のビールが最高に美味い。
コースタイムも一番下に載せておきます。

 

f:id:tatolog:20170506205822j:plain
JR御岳駅からバスに乗り着いた先の滝本駅が本日のスタート地点。ケーブルカーの駅です。多くの方々はここからケーブルカーに乗り6分ほどで御岳山の山頂に行きますが、本日は歩きで向かいます。約1時間。理由はここで楽してしまうと本日の山行があまりにイージーになりすぎるかな、と。

f:id:tatolog:20170506205827j:plain
というわけで、御嶽神社の立派な鳥居をくぐってスタート。
ケーブルカー乗っちゃうと、この立派なスタート地点も見逃しちゃうわけですよ。

f:id:tatolog:20170506205854j:plain
ただ、今日はまだ5月上旬だと言うのに暑すぎた。鬱蒼とした林の中、風も吹かない中テクテクとアスファルト道を1時間歩きます。
もうすっごい汗だく。体力ある序盤なので奥さんとおしゃべりしながらハイキングを楽しみます。

f:id:tatolog:20170506205904j:plain
御岳山の山頂に近くなると宿坊がたくさん並んでいます。花が綺麗に咲いている宿坊の前で一枚パチリ。都内に比べて1ヶ月ほど季節が遅いので散りかけの桜も何度も見かけました。

f:id:tatolog:20170506205950j:plain
御嶽神社に続く参道。
カレーやら煮物やらの香りが誘ってきますが、まだ時間が早いのでスルー。折り返して再度通ったときには人でいっぱいでした。

f:id:tatolog:20170506205958j:plain
御嶽神社へと続く階段がここからスタート。写真奥にどっしりと鎮座する門を超えてからも上り階段が続きます。ケーブルカーできた人にとってはここが初めての登りになるのかな?こちとら1時間も登り倒してきているのでこのくらいはへっちゃら。

f:id:tatolog:20170506210023j:plain
参拝前の手水舎を珍しい角度から。

f:id:tatolog:20170506210208j:plain
で、こちらが御嶽神社の本殿。
青空と本殿の赤に新緑のグリーンが加わっていい感じ。

 

f:id:tatolog:20170506210315j:plain
本殿の裏手をちょっと進んだところが御岳山の山頂です。
で、その奥に見えるのが、、、

f:id:tatolog:20170506210347j:plain
奥の院 遥拝所。
視線の先に見える山が御神体ということですね。神社の本殿から仰ぎ見る大きな大きな神様。いやいやこれはすごいスケールでした。
写真で見るとちょっと先にある小山程度だけれど、実際にこっちの山からあっちの山を見るとスコーンと抜けた青空の中に整った形の山があるというのはなかなか圧倒的な存在感でした。

f:id:tatolog:20170506210408j:plain
参拝を済ませた後は、長尾平へ。
ここ、ちょっとした尾根道になっていて、風も通るので気持ちが良いです。真ん中に見えるのはヘリコプターの発着場。両脇が開けていて景色を見通すことができるので格好の写真撮影スポットです。

f:id:tatolog:20170506210430j:plain
長尾平の先、突き当りの見晴らしの良い東屋でランチ。
本日の昼飯はコンビニのおにぎりセットでした。もうちょっと凝ったもの持って行っても良かったかな。まあ景色がピカイチだったので良しとしよう。

f:id:tatolog:20170506210631j:plain
長尾平から踵を返して、日の出山に向かいます。御嶽神社の前を戻り、宿坊が連なるエリアを戻って山道へ入る。
タケノコにょきにょき。

f:id:tatolog:20170506230250j:plain
日の出山へ向かう途中のひとコマ。
このルートも当然、御嶽神社へ続く参道のひとつなので鳥居が。

f:id:tatolog:20170506210938j:plain
で、あっさり到着。日の出山の山頂。標高902メートル。
山頂への階段はまだ桜がちらほら咲いていて、風が吹くと花吹雪ががとても綺麗でした。

f:id:tatolog:20170506211012j:plain
日の出山で小休止した後は、ずーっと下り。途中こじんまりと咲いている桜を眺めたりしながら。
スタート当初の蒸し暑い登りが嘘だったかのように心地よい風が吹いて歩いていてとても気持ち良い箇所でした。

f:id:tatolog:20170506211021j:plain
で、途中で度々出てくるのがこのつるつる温泉の看板。当初から行く予定だったけれどここまでプッシュされているとなんだか笑えてくる。
もちろん下山後すぐに温泉に向かってさっぱりひとっ風呂。ビールが最高に美味しかったです。

f:id:tatolog:20170506211038j:plain
つるつる温泉からバスに乗って、JRの武蔵五日市駅へ。
帰りもホリデー快速で新宿までひとっ飛び。コンパクトにまとめられた良い1日でした。
それにしても下山から10分で温泉に入れる日の出山のポテンシャルの高さ。これまでは下山後バスや電車に乗って温泉や銭湯へ向かっていたので、今日のストレスの無さは衝撃的でした。今後、登山の山探しのときには、「下山からダイレクトで温泉」というのがひとつテーマになりそうです笑。

本日のコースタイムはこちら。ご参考に。
0744 新宿
ホリデー快速
0902 御岳駅
0912 御岳駅バス停
↓バス10分
0920 たきもとケーブル下
0930 登山開始
↓1時間
1030 御岳山駅(トイレあり)
↓35分
1105 御岳山頂上
↓25分
1130 長尾平(トイレあり)
1200 おひるごはん
↓60分
1300 日の出山
1320 休憩
↓70分
1430 つるつる温泉
1615 つるつる温泉
↓バス15分
1630 武蔵五日市駅

 

行き:JR御岳駅からのバス時刻表
https://www.mitaketozan.co.jp/timetable_bus

帰り:つるつる温泉からのバス時刻表
http://www.gws.ne.jp/home/onsen/5access/bus.pdf

つるつる温泉公式
http://www.gws.ne.jp/home/onsen/5access/5_index.html