tatolog

【タトログ】冬はマラソン、夏は登山、年に2回は海外旅行が理想です

東京周辺のおすすめハーフマラソン大会【2019年】

f:id:tatolog:20190104134412p:plain

東京周辺(東京、神奈川、千葉、埼玉)のハーフマラソン大会を紹介します。※日程を2019年の最新のものにアップデートしました。

 

ハーフマラソン大会ランキング

今年はどこのハーフの大会に出ようかなと考える際に使えます。申し込みの際のポイントは、応募開始時期。先着順ですぐに締め切ってしまう大会があるので事前にチェックしてカレンダーに入れておけば幸せになれます。

ランキングのデータは、RUNNETの情報を元にして南関東(東京、神奈川、千葉、埼玉)の大会のうち、評価人数が15人以上のものを抜き出して集計しました。

f:id:tatolog:20180408232708p:plain
(※2017年1月1日〜12月31日の大会を3月25日時点で集計)

 

都内からのアクセスが良い大会

都内から公共の交通機関を使って比較的短時間で参加できるアクセスの良い大会をまとめてみました。

朝早く起きて向かうのがけっこうつらいので、「池袋からの所要時間」を記載しています。これは池袋を日曜朝7時に出発した場合の最寄りの鉄道駅までの所要時間で駅から会場までのバスなどは加味していません。

加えて個人的なおすすめとして市街地コースの大会には【市街地】と入れておきました。理由は荒川沿いのコースはそろそろ飽きてきたので(笑)。

 

練馬こぶしハーフマラソン【市街地】

  • 日程:3/24
  • 費用:5400円
  • エントリー期間:11月7日~11月13日
  • 最寄り駅:光が丘公園
  • 会場:光が丘公園(最寄り駅から歩き)
  • 池袋から最寄り駅まで:26分
  • 公式サイト:練馬こぶしハーフマラソン【公式】

 

国営武蔵丘陵森林公園完走マラソン

f:id:tatolog:20170212224618j:plain

 

小江戸川越ハーフマラソン【市街地】

f:id:tatolog:20171206182817j:image

  • 日程:11/2(2019年はまだ告知なし)
  • 費用:4000円
  • エントリー期間:8/24(木) 12:00〜
  • 最寄り駅:川越駅
  • 会場:川越水上公園(川越駅から送迎バス)
  • 池袋から最寄り駅まで:27分
  • 公式サイト:小江戸川越ハーフマラソン
  • 普段は車の通りも多い観光名所の蔵造りの町並みを存分に楽しみながら走れます。そして沿道から声援を送ってくれる人からもらえるパワーがとても気持ちい良い大会。
  • 参加レポート:2016年2017年

 

手賀沼エコマラソン大会

f:id:tatolog:20170129194242j:plain

 

ふかやシティハーフマラソン

 

かつしかふれあいRUNフェスタ

f:id:tatolog:20170313162100j:plain

  • 日程:3/10
  • 費用:4000円
  • エントリー期間:11/4~1/8
  • 最寄り駅:堀切菖蒲園駅
  • 会場:堀切水辺公園(堀切菖蒲園駅から徒歩15分)
  • 池袋から最寄り駅まで:32分
  • 公式サイト:第5回かつしかふれあいRUNフェスタ
  • 街全体がイベントで盛り上がる日なのでハーフマラソンの大会が終わった後も楽しむことができます。参加した2017年は同日にコスプレのイベントが開かれていて会場から駅への道がとても賑やかでした。イベントに合わせて周囲の飲食店でもキャンペーンを実施していたりとなにかとお祭り騒ぎです。
  • 参加レポート:2017年

 

湘南国際マラソン

 

足立フレンドリーマラソン

  • 日程:12/23(2019年はまだ告知なし)
  • 費用:5000円
  • エントリー期間:7/24(月) 00:00~10/6(金) 23:59
  • 最寄り駅:小菅駅
  • 会場:荒川河川敷高砂野球場(小菅駅から徒歩13分)
  • 池袋から最寄り駅まで:30分
  • 公式サイト: 足立フレンドリーマラソン

新宿シティハーフマラソン【市街地】

 

世田谷246ハーフマラソン【市街地】

 

フロストバイトロードレース【市街地】

f:id:tatolog:20180129133403j:image

  • 日程:1月20日応募期間10/19~11/12
  • 費用:5,500円
  • 最寄り駅:牛浜駅
  • 会場:横田基地牛浜駅からから徒歩11分)
  • 池袋から最寄り駅まで:1時間12分
  • 公式サイト:第38回フロストバイトロードレース【公式】
  • 横田基地の中を走れるという特別感たっぷりの大会。中央線&青梅線でアクセス便利にもかかわらず、アメリカンな町並み&滑走路を間近に見ながら走れるという得難い経験をすることができます。コースもアップダウンなく平たんなコースなのでとても走りやすいです。
  • 参加レポート:2018年

 

この記事は、毎年自分がどの大会に参加するかを決めるためにも利用しているので、情報は随時アップデートしていきます。情報の誤りや、おすすめの大会の情報などありましたらぜひとも教えてください。