読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tatolog

冬はマラソン、夏は登山、年に2回は海外旅行が理想です

一人旅におすすめ!ニューヨークのホテルとairbnbの選び方

ニューヨーク 旅行

f:id:tatolog:20160710183812j:plain

一人旅でニューヨークを訪れるときに一番悩むのがホテル。なぜならニューヨークのホテルはパリやロンドンと並んで世界一高いからです。
海外のホテルは日本と違って一人料金を設定していないことがほとんど。つまり一人旅だとそれだけ割高になったしまいます。

それでも探せばお値打ちホテルは見つかるものです。ここでは、料金別、目的別におすすめのホテルを紹介します。

ニューヨーク一人旅のホテル探しは多くを求めないことが重要。割り切って探していきましょう。ちなみに自分は過去7回ニューヨークを訪れていますが、そのうち5回は自分でホテルやアパートメントを探してネットで予約して旅行へ行きました。初めての時は多少迷ったりもしましたが、大抵のことはネットで検索して解決できました。

低予算のおすすめホテル

なるべく予算を抑えて宿泊先を探したいという人に向けたおすすめの低予算ホテルを紹介します。目安の料金は3ヶ月前に予約した場合の料金です。旅行間際に予約しようとすると料金が高騰してしまう場合があるで、できるだけ早めに予約しておくことをおすすめします。(ぎりぎりに予約した方が安くなるケースもありますが大抵は失敗します)

①ホテル ドービル ニューヨーク(13,000円前後)

このホテルは何と言っても立地の良さがメリット。ニューヨークの中心地であるミッドタウンへ徒歩圏内。このエリアは地下鉄の駅もバス停も豊富なので、どこに行くにも便利なロケーションです。公共の交通機関を使って動き回る人、疲れたら一度ホテルに戻ってきたりする人ににおすすめです。ホテル ドービル ニューヨーク (Hotel Deauville) 

②ザ ジェーン ホテル(13,000円前後)

ハイラインや新しく移築されたホイットニー美術館といった新しい観光スポットがあり、ニューヨークの中でもヒップなエリアにあるホテル。ニューヨークの新しい風を求めて滞在する人にぴったり。ザ ジェーン ホテル (The Jane) 

③ポッド ホテル(17,000円前後)

こちらも立地が最大のメリット。地下鉄の場合は、ニューヨークを南北に走る地下鉄④⑤⑥のラインの駅が至近。バスの場合も同様にセントラルパークにそって南北へ走る路線の停留所の近くです。朝一番でメトロポリタン美術館に行く、というようなシチュエーションで重宝しそう。ポッド ホテル (Pod 51 Hotel) 

 

エリア別の選び方

f:id:tatolog:20160731233105p:plain

①マンハッタンの中心部

基本的にエリアの概念はあまり関係なく、良いホテルはとても高くて、それなりのホテルはそれなりに高い。どこに行くにも公共の交通機関で十分便利。予算がなければ狭くひて古い部屋は覚悟しておいたほうがいいかも。

②セントラルパーク周辺

北に行くほど(地図上では上にいくほど)安くなる。ただし北に行くほど昔は治安の悪かったエリア。今はあまり危ない話は聞かないけれどいわゆる「観光地」ではなくなるのでそれなりに注意は必要です。

③ブルックリン周辺

おしゃれでコンセプトがはっきりしているホテルが多い。2000年台に入ってから注目された結果、料金も上がってきているので昔ほどの値頃感はなし。ニューヨークの中心部やアッパーウエスト・アッパーイーストへのアクセスに時間がかかるのが難点。

④ウィリアムズバーグ

今、最も注目が集まっているエリア。マンハッタンで働く人が、仕事帰りに飲みに訪れたりと今のニューヨークを体現しているエリアと言えそう。ニューヨーク中心部へのアクセスも良いので狙い目。

ニュージャージー

大穴。目的がはっきりしている場合や、バスを使いこなせる人はお得に泊まれそう。宿泊施設はあまり多く無いので自分にあった選択肢がある時だけ候補になるかも、というエリア。

 

ホテル以外の選択肢「Airbnb

料金が一番のネックという人には「Airbnb」で他人の家に泊まるという選択肢もあります。
他人の家に泊まることに対して戸惑いがあるかもしれませんが、貸し手側は世界中からニューヨークを訪れる人達を相手にしているので、手慣れたものです。
自分は7度目のニューヨークへの旅行の際にこのAirbnbを利用しましたが、付かず離れずの絶妙な距離感のホストのおかげで何の問題もなく滞在を楽しむことができました。ちなみにその時の料金は1泊あたり約7,000円。場所はウィリアムズバーグ。ユニオンスクエアまで電車で15分という絶好のロケーションでした。
どうせ寝に帰るだけだからホテルほどのサービスを求めず、節約したい人には良いかもしれません。

 

ニューヨークのホテル探しで困ること

ニューヨークのホテルで困ることの代表例がバスタブと到着時の交通手段です。

バスタブ

まずバスタブですが、必ず付いているとは限りませんので、無いと思って行くのが精神衛生的に一番よいと思っています。「バスタブあり」のホテルでも部屋によって無かったり、湯船が浅くて肩まで浸かれなかったり、などなど想定外のことがいっぱいあります。絶対にバスタブが無いと困る、という方は稀だと思いますのでここわ割り切るほうが吉です。

ホテルまでの交通手段

次に到着時の空港からホテルまでの交通手段です。特に女性に言えることですが、大きなトランクを引いてニューヨークの地下鉄に乗るのは相当にハードです。多少お金がかかってもタクシーが賢い選択です。仮に3人以上の旅行なら割り勘で考えるとそんなに大きな出費ではありません。2番目の選択肢は空港から出ているシャトルバスです。このシャトルバスが宿泊するホテルまで行くなら使うべき。自分が宿泊するホテルまで行かない場合は「ペンステーション」か「グランドセントラル駅」までバスで行き、そこからタクシーを使いましょう。この方法が安上がりです。

 

決められなければ、お気軽にご質問下さい。

選択肢が多すぎたり、初めてで不安だったり、背中を押してほしかったり、、、悩みは人それぞれだと思います。もし宜しければお気軽にコメント欄からご相談下さい。役に立つアドバイスができるかもしれません。