読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tatolog

冬はマラソン、夏は登山、年に2回は海外旅行が理想です

「リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間」高野登


以前からリッツ・カールトンに関する本を1冊読んでみようと思っていたので購入してみた。きっかけは、スマートフォン向けのアプリでUX(ユーザーエクスペリエンス)を重要視する動きがある中、ディズニーランドやリッツのホスピタリティに学んでみましょうということで。

本の中でリッツ・カールトンがユーザーに提供してきた数々のミスティーク(神秘性)のエピソードが紹介されるのだけれど、どれもが本当に素晴らしく読んでいて心が温かくなり目の奥が熱くなるものばかりです。このサービスを受けてみたいと思う一方で、心から職場として羨ましいと感じます。

サービス業のお手本を知るという目的にしっかりと応えてくれる一方で、素敵な物語を読んだような満足感が味わる一冊。