読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tatolog

冬はマラソン、夏は登山、年に2回は海外旅行が理想です

保存版!ローマ観光におすすめのホテル(個人旅行編)

航空券とホテルを自分で手配する個人旅行でローマに行ってきました。

f:id:tatolog:20160730172234p:plain

ローマを訪れるのは初めてでしたが、パリやロンドン、バルセロナなどヨーロッパのホテル探しは得意分野なので、なかなか良い選択肢を見つけることができました。

結論から言うと、ローマのホテル選びは「パンテオンとテベレ川の中間」のエリアがオススメです。

続きを読む

夏のローマ観光は朝飯前のスタートがおすすめ。

少し早めの夏休みをとってローマに行ってきました。

f:id:tatolog:20160723025829j:plain
常にこの青空がローマの魅力。(コロッセオ

f:id:tatolog:20160723030852j:plain
朝早ければほぼ独占状態。(パンテオン

f:id:tatolog:20160723030606j:plain
昼と夜とそれぞれ違った存在感。(トレヴィの泉

今回、7月にローマを訪れて、予想以上の日中の日差しの強さを味わって、朝の早い時間から観光をスタートするのが良さそうだなと思った。

続きを読む

一人旅におすすめ!ニューヨークのホテルとairbnbの選び方

f:id:tatolog:20160710183812j:plain

一人旅でニューヨークを訪れるときに一番悩むのがホテル。なぜならニューヨークのホテルはパリやロンドンと並んで世界一高いからです。
海外のホテルは日本と違って一人料金を設定していないことがほとんど。つまり一人旅だとそれだけ割高になったしまいます。

それでも探せばお値打ちホテルは見つかるものです。ここでは、料金別、目的別におすすめのホテルを紹介します。

続きを読む

20年ぶりのインデペンデンスデイ! リサージェンスがいろいろ惜しかった。

f:id:tatolog:20160710181622j:image
 ポスターの中心が日本列島。サービス精神なのか・・・?

インデペンデンス・デイ:リサージェンス」前夜祭!ということで行ってきましたTOHOシネマズ新宿。

高校生の頃に金曜ロードショー日曜洋画劇場のテレビ放送の度に、何度も興奮し、楽しんだあのインデペンデンスデイが、20年越しの続編ということで期待に胸を膨らませて観てきた。

序盤、懐かしのキャラが出てくる出てくる。嫌が応にも盛り上がるがなんだかスッキリしない。そんな「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」の、スッキリしないポイントを考えてみた。

  • あのシーンもこのシーンもセルフオマージュ盛りだくさん。でも、なんだかオマージュの使い方が雑な気が。もっと活かし方あったんじゃないかなぁ。
  • 登場人物多すぎて物語が薄い。前作は大統領とその取り巻きも、軍の関係者も、市民の人もみんな感情移入できるような物語が描かれてたよね。もっと丁寧なストーリーそしてドラマチックな展開が欲しかった。
  • 戦闘機のドッグファイトが単調。たぶん凄いんだろうけど凄さがインフレしすぎてて伝わらない。
  • とってつけたような地球規模感。前作は地球規模のクライシスで一度はアメリカ含めコテンパにやられた中で起死回生の策で大逆転し、その策をアメリカから世界各国に伝えるという熱い展開だったが。今作はアメリカだけに終始してたなぁ。あとは不自然なほどの中国人キャラ推しも気になるといえば気になる…
  • 登場人物がスマートでイケメンばっかり。前作のウィルスミス的なアウトローなキャラ欲しかったな。

でも何だかんだ言いながらも20年前に楽しんだ映画の続編をまた観れたのだからそれだけで良し!

初めてのバルセロナ旅行で絶対に訪れたいおすすめ観光スポットまとめ

f:id:tatolog:20160627053137j:plain

ゴールデンウイークに初めてバルセロナを訪れました。約1週間ほどのバルセロナ滞在の中で、ここは絶対に外せない!と思える観光スポットを紹介します。

続きを読む

これまでの海外旅行のまとめ

これまでに訪れた海外旅行のまとめ。
年代順に並んでます。

 

続きを読む

旅するルイ・ヴィトン

f:id:tatolog:20160612125545j:image

6/12日曜日。混んでるだろうだろうなと思って開場時間の10時に訪れました。

 

f:id:tatolog:20160612125810j:image

  • 朝一番でもかなり人が多い。
  • 展示は10のカテゴリー(部屋)に分かれていてそれぞれかなり見応えがある。
  • プロダクトだけではなく、そのプロダクトを活かすための展示もかなり見応えあり。個人的に列車のフロアが旅情を誘う感じでなかなか好みにまとまっていました。
  • この規模を期間限定の特設施設でやられてしまうと、美術館や博物館は相当悔しいだろうなぁ。
  • 旅の形の変遷に合わせてトランクの形も変化する。時代の要望(顧客ニーズ)に合わせてプロダクトを変化する。その変遷を追える展示となっていた。
  • トランク自体やその時代背景を通してルイ・ヴィトンの歴史を追っていくことになるのだけれど、見終わって思うことは100年後もこうして残る丁寧な仕事に対する尊敬の思いでした。

以下は展示の中で興味深かったもの。

続きを読む