tatolog

【タトログ】冬はマラソン、夏は登山、年に2回は海外旅行が理想です

双六岳、笠ヶ岳:南アルプス小屋泊縦走

f:id:tatolog:20170731143748j:plain

初めての北アルプス

0日目:新宿から毎日アルペン号で出発
1日目:新穂高温泉→さわび平小屋→鏡平山荘→双六小屋
2日目:双六岳双六岳秩父平→笠ヶ岳笠ヶ岳山荘
3日目:笠ヶ岳山荘→杓子平→新穂高温泉→新宿

今年のお泊り登山は念願の北アルプス。しかも夜発&山小屋2泊と自分にとってはかなり長めの山行。メンバーも途中から1人合流を含む大人数5人パーティー。

双六岳

双六小屋までのアプローチは噂通りのお花満開。7月末だと言うのにまだ雪が残っていて、雪渓と小柄なお花というミスマッチがなんともきれいだった。山小屋から1時間ほどの双六岳山頂付近では、北アルプスの山々を360度ぐるりと見回すことができ、南アルプスとの違いを圧倒的なまでに見せつけてくれた。

笠ヶ岳

一方、百名山でもある笠ヶ岳は(どちらかと言うとメインで計画していたにも関わらず)天気悪かったためかなりハードな山行になってしまった。山小屋もハイシーズンを迎えつつあり乗車率100%な混み具合だった。ただ悪いことばかりではなく、双六岳から笠ヶ岳に向かうルートで念願の雷鳥にも出会うことができた。これまで一度もお目にかかったことがなかったのだけれど、なんと3回も。ちょっとずんぐりしていて愛らしいフォルムにすっかり虜になってしまった。

 

双六小屋、笠ヶ岳山荘と2連泊だったわけだけど、自分にとってはやや盛りだくさん過ぎた感じ。まだ1泊登山で十分かな。体力的には普段のマラソンのおかげなのか、問題なく下山まで足が残っていた。

去年の鳳凰三山以来、ソロ登山に行っていないのでそろそろ1人で行ってみるかなーという気分。

f:id:tatolog:20170731145505j:plain

f:id:tatolog:20170731145507j:plain