tatolog

冬はマラソン、夏は登山、年に2回は海外旅行が理想です

ドラクエ感溢れる街ローテンブルク

f:id:tatolog:20170718172835j:plain

ローデンブルクはメルヘンチックな街のイメージとは裏腹に、城壁のある外周を歩くとドラクエ的なRPG町歩きを楽しむことができる。漫画で言うと「進撃の巨人」の街並みといったところ。主に街の南半分がおすすめ。

歩いていると自然とドラクエのBGMを口ずさんでしまう。魔物が襲ってきたらここの防御固めて、見張りはこの位置に立っていてから攻撃するんだとか。こういうところに隠し階段があるよなとか。塔の上から街を見渡して、森を超えた向こうに小さな村があるぞ、とか。道を進んで行くと、小道がさっきの歩いた大通りにつながっていたりとか。
所々で標識が立っていたり、自動車が止まっていたりして興ざめするが、普通に人が住んでる街なので仕方がない。脳内変換してやり過ごすことにしよう。

城壁を歩いたら街の中心部に入って行く。アリアハンのような大きな城下町さながらに、お店がたくさん並び商人や旅人たちが街を行き交っている。お腹がすいていたら飯を食べればいいし、喉が渇いたら酒場へ行こう(そういえばドラクエって薬草で回復はするけど食事の概念がないなぁ)。夜の帳が降りて、教会の鐘の音が聞こえてきたりすると気分は最高潮。

ローデンブルクのような城郭都市の魅力は、狭いエリアに中世ヨーロッパのエキスが詰まっていることだと思う。ローデンブルクの他にも、進撃の巨人のモチーフになったと言われるネルトリンゲンや、フランスでモンサンミッシェルに次いで人気の観光地である カルカソンヌなど訪れるに値する都市はたくさんある。いつか行ってみたい。

 

f:id:tatolog:20170718181356j:plain

f:id:tatolog:20170718181446j:plain

f:id:tatolog:20170718181558j:plain

f:id:tatolog:20170718181601j:plain