tatolog

冬はマラソン、夏は登山、年に2回は海外旅行が理想です

読書メモ:USJを劇的に変えた、たった1つの考え方

以前、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で取り上げられていたUSJCMO森岡 毅氏の本を読んだ。


第1章 USJ成功の秘密はマーケティングにあり

会社の軍師ともいうべき「マーケター」の最初にすべき最重要な役割は「どう戦うか」の前に「どこで戦うかを正しく見極めること。

この章では、USJの成功がどのようにもたらされたのか、著者の入社時のエピソードを起点に説明されている。著者曰くUSJの衝くべき焦点は、1.ターゲット客層の幅、2.TVCMの質、3.チケット価格の値上げとのこと。


第2章 日本のほとんどの企業はマーケティングができていない

第3章 マーケティングの本質とは何か

「商品を売る」のは営業の仕事、「商品をうれるようにする」のがマーケティングの仕事

消費者に選ばれる強い理由になっているものを「戦略的ブランド・エクイティー」と言い、それこそが選ばれる必然の正体」

ユーザーから選ばれてという状況を作るのがマーケターの仕事。選ばれるためには自ブランドの認知率を高め、選ばれる必然になるような「ブランド・エクイティー」を意図的に構築する。

第4章 「戦略」を学ぼう

良い戦略と悪い戦略を見分けるための4項目:①セレクティブ(戦略的かどうか)、②サフィシエント(十分かどうか?)、③サスティナブル(継続可能かどうか)、④シンクロナイズド(自社の強みとの整合性)

素晴らしい戦略は、相手と自分の特徴の違いを自分に有利に活用できている。

第5章 マーケティングフレームワークを学ぼう

消費者インサイトとは「消費者の隠された真実のことで、この消費者インサイトをコミュニケーションで衝くと消費者の認識が大きく変わったり感情が大きく動いたりします。

第8章 マーケターに向いている人、いない人

スペシャリストか」「ゼネラリスト」か

マーケターはマーケティングスペシャリストであり、ビジネスのゼネラリストでもある。ビジネスに必要な多岐にわたる分野のマネジメント能力を有している必要がある。