tatolog

【タトログ】冬はマラソン、夏は登山、年に2回は海外旅行が理想です

八ヶ岳:山小屋泊で硫黄岳-横岳-赤岳を稜線歩き

2016年11月5日〜6日八ヶ岳登山。

3人パーティーで初めての縦走。硫黄岳山荘の最終営業日に合わせて。 

f:id:tatolog:20161113140309j:plain

久しぶりの登山でのんびりスタート。
なかなか赤岳鉱泉が見えてこないので途中から焦り始めてペースアップ 。

 

f:id:tatolog:20161113140312j:plain

赤岳鉱泉のアイスキャンディーを建設中。
設営中の様子なんてめったにお目にかかれないだろうね。珍しいシチュエーションンにテンション上がる。 

f:id:tatolog:20161113140313j:plain

硫黄岳で視界が開けた時、この天気に感謝。
雲一つない晴天に、誰もいない景色。

f:id:tatolog:20161113140316j:plain

ほぼコースタイム通りに硫黄岳山荘に到着。
この日は、山小屋の最終営業日ということで振る舞い酒!まぁちょっと期待はしてたよね。ちょっとだけ笑。

f:id:tatolog:20161113140317j:plain

夕食前に山小屋前から日の入りを拝む。
風は強いが、雲一つ無い最高の天気の中で。

f:id:tatolog:20161113140318j:plain

翌朝、朝日と雲海で2日目スタート。
前方に富士山がくっきり。幸先良いスタート。

f:id:tatolog:20161113140319j:plain

今回の山行で撮った写真の中で一番のお気に入り。
横岳への稜線。マーブル模様のように雪と緑を纏った姿がかっこいい。

f:id:tatolog:20161113140320j:plain

さらに険しい赤岳への稜線。
危ないと感じる場面はあまりなかったけれど、けっこうな角度の登り下りが続く。 

f:id:tatolog:20161120183759j:plain

八ヶ岳の最高峰「赤岳」2,899メートルからの眺め。
ここからも富士山のシルエットが。
この日も前日に続き天気に恵まれたおかげで、視界の先に何度も富士山を望むことができた。

f:id:tatolog:20161113140321j:plain

さてさて楽しい山行も終盤。赤岳から下山。
高度感が半端じゃない行者小屋への下り。

f:id:tatolog:20161120183923j:plain

平地に降りてきたあとは、バスの時間を気にして駆け足で。
3人パーティーのうち、ふたりが山行中に誕生日を迎え、天気もよく最高の八ヶ岳登山でした。

来年の北アルプスの約束をして解散!