読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tatolog

冬はマラソン、夏は登山、年に2回は海外旅行が理想です

2011年9月20日-21日カンボジア旅行:シェムリアップ〜シンガポール〜羽田

2011年9月カンボジア

9/20(火)シェリムアップ大雨→シンガポール曇り

8:00
朝食を食べて荷造り。良いホテルだった。ホスピタリティに溢れている。元王様の別荘だったらしく建物の作りも良かった。安かったとはいえ少し贅沢しすぎた。


シンガポールへの準備を整えつつも、一晩中カジノで遊んでいるわけにも行かないことに気がついてシンガポールのホテルを予約。

12:00
ホテルを出発

14:00

17:30
地下鉄に乗ってセントーサ島


19:00
セントーサ島の複合リゾート施設「リゾート・ワールド・セントーサ」到着。ただお目当てのショーだったクレーン・ダンスがメンテでおやすみとのこと。残念。軽く食事をしたり。


20:30
気を取り直してマリーナ・ベイ・サンズへ。地下鉄の駅からかなり距離があるな。
ホテルを下から見上げる。もはや何かへの挑戦かと思うくらいすごい建物だ。人が作ったものとは思えない。ドバイのブルジュ・ハリファもこんな感じなんだろうか。SKYPARK(屋上)へ登るが、上からの景色はこんなもんか、という印象。オペラシティに慣れちゃっているからかな。


カジノへ。ルールが分からないのでほとんど大小に費やすも結局一度も勝ち越せず早めに見切りを付けて退散。
00:00
リトルインディアのホテル「Parc Sovereign Hotel」へ。小さいながら清潔なホテル。さすが、フロントも一目で分かるインド人。シャワーだけ浴びて速攻で就寝。

9/21(水)シンガポール→成田
9:00

ホテルを出発。

朝ご飯を食べれそうな場所を探して歩いていると、地元の人々でにぎわっている屋台とフードコートの中間のような場所を見つける。やきそばのようなものをオーダーするがかなりしょっぱい。香港を旅行した時を思い出した。そういえば昨夜のパオもこの味。全て同じ味付けなのか・・・?


10:00
地下鉄を乗りついでラッフルズプレイスへ。マーライオンパークを目指すが、駅から遠い上にF1のシンガポールグランプリの準備のせいで道が寸断されていて右往左往してしまった。たどり着いたマーライオンは大きい方はなかり迫力があってがっかりスポットというほどでは無かったが、過去の小さい方のマーライオンしかいなかったころを思うと、相当ながっかりスポットだったのではないだろうか。ライオンというよりは猫みたいな顔だった。
湾を挟んで向こう側にマリーナ・ベイ・サンズを望むことも出来て良いパノラマポイントだと思う。
地下鉄の駅の方面に戻り、オフィス街でサラリーマンとOLに混じってハイナンチキンを食べる。本当はラッフルズホテルで食べたかったが時間がなくて断念。

15:20
チャンギ国際空港から羽田空港へ。日本は台風が近づいているらしく羽田到着時刻がちょうど台風の上陸時刻。大丈夫だろうか?
機内では往路に続いてシンガポール・スリングをオーダー。飲みやすくて美味しい。


23:50
羽田空港に無事到着。台風はスピードを上げた結果、既に東北地方へ進んだとのこと。

混雑する内回りをさけて、逆回りの山手線に乗って帰宅。