tatolog

冬はマラソン、夏は登山、年に2回は海外旅行が理想です

ボーダーライン/SICARIO

https://img.cinematoday.jp/a/N0095400/_size_640x/_v_1508410486/main.jpg

 

『ボーダーライン』(原題: Sicario)は、2015年にアメリカ合衆国で公開された犯罪映画である。監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ、主演はエミリー・ブラントが務める。原題のSicarioとはスペイン語で『殺し屋』の意。

本作は2015年5月に開催された第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された。

ボーダーライン (映画) - Wikipedia


前半の山場、護送シーン。麻薬カルテルの大物をメキシコの街中を通って護送する。これがブラックホークダウン並みの緊張感。
地元警察のパトカーが付き添いながら、黒のデカイSUVの車列が進む。国境で渋滞に捕まった際に仲間を取り戻そうと、襲ってくる現地人を威嚇し少しでも怪しい行動をとった瞬間に即射殺。
言葉のやり取り、一瞬の間も置かない即断即動のアクションシーン。人物の動きもいいしそれを追うカメラもいい。見ているこちらの体がいつの間にかこわばるほどの緊張感。

ラスト20分、ベニチオ・デル・トロが暗殺者となり因縁深い組織のボスを追う独壇場。
大きな邸宅にスネークのように侵入していくが、画面が非常に美しい。
真っ暗な庭に張り出した大きなテーブルで食事をとる家族4人。食卓の周辺だけはたくさんの電球でゴージャスに明るくなっている。
そこ特殊部隊の真っ黒な出で立ちでそっと立つデル・トロ。
死体発見から突然始まるこの物語において不釣り合いなほどきれいな画面で終わりに向かう。

キャスリン・ビグロー監督のゼロ・ダーク・サーティにとても良く似ていて自分好みの一本だった。続編も準備中らしい。

第37回フロストバイトロードレース

第37回フロストバイトロードレース

天気晴れ 気温9℃

タイム1:43:45 ペース4:56/km

f:id:tatolog:20180129133411j:image

2014年に参加して以来、2回目のフロストバイトロードレース(ハーフマラソンの部)に参加してきた。

ハーフの大会に出るようになってから、いろいろな景色を楽しめる大会に出ていきたいなぁと思うようになった。この横田基地の中を走る大会は、米軍の基地の中というとびきり特別なコース、とくに滑走路を横目に走ることができ、基地の中の日本とは異なる町並みを楽しむことができるので参加を決めた。

過去に参加した際は、まだ自分のペースも理解できていないような状態だったので、この4年間でだいぶレベル上がったように思う。

改めてこの横田基地のフロストバイトロードレース、振り返ってみるとこんな大会。

続きを読む

2017年の映画20本良いとこ&イマイチ

今年映画館で観た映画の記録。
良かったところと、イマイチだったところを書いておきますのでご笑覧ください。

 

ドクター・ストレンジ

良いとこ:マーベルスタジオの新ロゴが拝める。
イマイチ:コスプレしたおっさんが空飛んだりするの見てるの辛い。

 

ザ・コンサルタント

良いとこ:ベン・アフレック演じる主人公のキャラが一風変わっていて好き。会計士としてのサスペンスと、殺し屋としてのアクションが一本の映画として両方とも高いレベルで楽しめる。
イマイチ:父親との関係を振り返る回想シーンが観ていてしんどいレベルのDV。

 

マグニフィセント・セブン

良いとこ:デンゼルワシントン渋い。
イマイチ:ストーリーにカタルシスが無くて感情移入しにくい。

 

続きを読む

小江戸川越ハーフマラソン2017:街ぐるみの声援が背中を押してくれる良大会

小江戸川越ハーフマラソン2017
天気晴れ 気温7℃
タイム1:46:57 ペース5:09/km

 

前年に続いて、2年連続の参加。今のところ一番お気に入りのハーフマラソンの大会。気に入っているポイントは運営がしっかりしていて、街中の市街コースを走れること。今回も期待通りの大会を楽しむことができた。

大会の印象は前回まとめたのでこちらで。 

ここからは当日の様子

f:id:tatolog:20171206182742j:image

出走待ち。ハーフの部は6,000人。

 

続きを読む

第46回タートルマラソン国際大会:アクセス良しのご長寿大会

第46回タートルマラソン国際大会
10月15日(日) 天気:雨 気温16℃
タイム 1:49:23 ペース 5:08/km

f:id:tatolog:20171030223522j:plain

2017-18シーズン一発目の大会「第46回タートルマラソン国際大会」。例年は暑くて救急搬送される人も多いとか。でも今回は朝から雨模様。

タートル国際マラソン、まとめるとこんな大会

  • アクセス:北千住駅から徒歩15分ほどの荒川の河川敷が会場。北千住駅はメトロの千代田線が通っているのでアクセスは◯。ちょうど駅から商店街を通る感じなので、帰りの食事には困らない感じ。近場に銭湯が多いのも特徴だけど、当然やたらと混むのでのんびり湯船に浸かりたい場合は、ちょっとエリアを外した方がベター。
  • 大会運営:運営の良さに定評のある大会だったはずなのに、今回はゴール後の導線設計が非常に悪く2時間以内でゴールした人はだいぶ待たされたはず。特に今回は雨が降る中での開催だったため、体を冷やしてしまった人も多かったことでしょう。来年の改善に期待。
  • コース:河川敷沿いのコースなので景色はまぁお馴染みの感じ。ちなみにコースの半分くらいは板橋シティマラソンと同じ笑。給水ポイントはだいたい2キロごとにあったので不足なし。給食はなし。
  • 雰囲気:バリアフリーの大会も兼ねていて伴奏者と一緒に走っている方を何人も見かけました。あとは車椅子の方も。歴史ある大会ということで、馴染みの大会に今年も参加といった感じのランナーが多く気張らずに走れる環境と感じました。
続きを読む