tatolog

冬はマラソン、夏は登山、年に2回は海外旅行が理想です

ゼロ・ダーク・サーティ

本作は2011年5月2日に実行された、ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害にいたる経緯を描いた、実話を元に作られたフィクション映画である。
監督は、2008年公開の『ハート・ロッカー』で史上初の女性によるアカデミー監督賞を受賞したキャスリン・ビグローが行った。主役のCIA女性エージェントはジェシカ・チャステインが演じ、第85回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、第70回ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した。
-wikipedia

手がかりを追いビン・ラディンへの情報をたどるシークエンスと、SEALsが最新鋭のステルスヘリで強襲するシーン、静と動どちらのシーンも緊張感の絵作り、物語運びで作品にのめり込むことができる。

一方、ストーリーは細切れ。小さな章ごとに物語を紡いでいくスタイルで、登場人物の描き方がややとっ散らかった印象。

総じてとても良くできた映画。見る人のポジションによって、テロとの戦いに買ったアメリカ賛美の映画と捉えるか、屈辱にまみれ自分の目的すら見つけられなかった自虐と捉えるか判断がわかれるのではないかと思う。

スパイダーマン ホームカミング レビュー

f:id:tatolog:20170811120917j:image

行ってきましたスパイダーマンホームカミング公開初日。

ピーター・パーカーが、と言うかソニーと言うスタジオ的にと言うべきか、絶妙なポジションからアベンジャーズメンバーをいじり倒す芸風がとても最高でした。特にキャプテンアメリカの扱いがひどくてキャップファンとしては非常にうれしい誤算だった。

ストーリーの主題としては、「大いなる自由には責任が伴う」というアベンジャーズシリーズ共通のテーマを、アイアンマンが噛み締めながらスパイダーマンに諭し、成長を促すという構図。ニューヨークの親愛なる隣人であるスパイダーマンの成長を、アベンジャーズの中の新人という最高のスパイスで見せてくれる。

構図として面白いのが、完全無欠のヒーローであるアイアンマンが、すぐに助けてくれるという状況があり、観客もマーベルファンとして、その登場を楽しみにしてしまっている。しかし、その期待をはねのけて活躍してくれるスパイダーマン。ヴァルチャーとの戦いの後、ビルの屋上に佇むスパイダーマンの横顔でこれでいいのだ!と納得させるパワーがあった。

アベンジャーズという絶対的なパワーの象徴がニューヨークのスタークタワーとしてそびえ立ち、その足元にいるスパイダーマン。最初はどうにかして認められてアベンジャーズ入りを切望するスパイダーマンが、作品を通して成長し最終的には自分がニューヨーク守るポジションにつく。ニューヨークから北部に引っ越すアベンジャーズと、マンハッタンにとどまるスパイダーマン。見事なバトンパスだったとおもう。

そのほかにも、久しぶりのペッパー登場!や、蜘蛛スキルとアイアンマンスーツ的なテクノロジーの親和性の高さとか、郊外にめっぽう弱いスパイディーなどなどネタには事欠かない作品でした。

双六岳、笠ヶ岳:南アルプス小屋泊縦走

f:id:tatolog:20170731143748j:plain

初めての北アルプス

0日目:新宿から毎日アルペン号で出発
1日目:新穂高温泉→さわび平小屋→鏡平山荘→双六小屋
2日目:双六岳双六岳秩父平→笠ヶ岳笠ヶ岳山荘
3日目:笠ヶ岳山荘→杓子平→新穂高温泉→新宿

今年のお泊り登山は念願の北アルプス。しかも夜発&山小屋2泊と自分にとってはかなり長めの山行。メンバーも途中から1人合流を含む大人数5人パーティー。

双六岳

双六小屋までのアプローチは噂通りのお花満開。7月末だと言うのにまだ雪が残っていて、雪渓と小柄なお花というミスマッチがなんともきれいだった。山小屋から1時間ほどの双六岳山頂付近では、北アルプスの山々を360度ぐるりと見回すことができ、南アルプスとの違いを圧倒的なまでに見せつけてくれた。

笠ヶ岳

一方、百名山でもある笠ヶ岳は(どちらかと言うとメインで計画していたにも関わらず)天気悪かったためかなりハードな山行になってしまった。山小屋もハイシーズンを迎えつつあり乗車率100%な混み具合だった。ただ悪いことばかりではなく、双六岳から笠ヶ岳に向かうルートで念願の雷鳥にも出会うことができた。これまで一度もお目にかかったことがなかったのだけれど、なんと3回も。ちょっとずんぐりしていて愛らしいフォルムにすっかり虜になってしまった。

 

双六小屋、笠ヶ岳山荘と2連泊だったわけだけど、自分にとってはやや盛りだくさん過ぎた感じ。まだ1泊登山で十分かな。体力的には普段のマラソンのおかげなのか、問題なく下山まで足が残っていた。

去年の鳳凰三山以来、ソロ登山に行っていないのでそろそろ1人で行ってみるかなーという気分。

f:id:tatolog:20170731145505j:plain

f:id:tatolog:20170731145507j:plain

 

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

f:id:tatolog:20170728173624j:plain
themummy.jp

 

行ってきました公開初日。TOHOシネマズ日劇にて。

ダーク・ユニバースの第1作目となる作品ということで、本編スタート前のUNIVERSALのロゴが出た後さらに回る地球の裏側から「DARK UNIVERSE」の文字が現れてくるという憎い演出でスタート。

物語は何か突飛な仕掛けやどんでん返しがあるわけでもなく、予告編から想像できる範囲のもので、砂漠からミイラを発掘しそれが原因でロンドンがパニック!といったもの。

続きを読む

ドイツ〜チェコ鉄道旅

2017年の夏休みは、「どこへ行った」と言うよりは「どこを移動した」というような移動し続ける旅だった。9日間で計6都市。それぞれの都市の印象に残ったこと、良かったところを残しておきたいと思う。

ミュンヘン:オペラのライブビューイング

今回の旅でミュンヘンは特典航空券の関係で経由するだけだったため、観光はマリエン広場周辺をちょっと歩いただけ。その際に随分と大きな音が響いてくるなと思って歩を進めてみて出会ったのが、国立劇場前の広場で行われてたライブビューイングだった。おそらく国立劇場の中で行われているであろう演目を大胆にもその会場の外で見れてしまうという。スクリーンはやや小さかったが音響はバッチリで3ブロック先までテノールの声が轟いていた。

下の写真では明るく写っているがこれでも時刻は20時過ぎ。日の長い夏の夜をお酒片手にカジュアルにオペラを見て過ごすスタイルはなんだかとってもかっこよかった。日本も歌舞伎や寄席をこんなスタイルで演ったらとても粋だろうね。

場所はミュンヘン中央駅からマリエン広場へ向かい、そこから更に北に数分行ったところ。National Theater Bayerisches Nationaltheater

f:id:tatolog:20170727173347j:plain

続きを読む