tatolog

冬はマラソン、夏は登山、年に2回は海外旅行が理想です

第46回タートルマラソン国際大会:アクセス良しのご長寿大会

第46回タートルマラソン国際大会
10月15日(日) 天気:雨 気温16℃
タイム 1:49:23 ペース 5:08/km

f:id:tatolog:20171030223522j:plain

2017-18シーズン一発目の大会「第46回タートルマラソン国際大会」。例年は暑くて救急搬送される人も多いとか。でも今回は朝から雨模様。

タートル国際マラソン、まとめるとこんな大会

  • アクセス:北千住駅から徒歩15分ほどの荒川の河川敷が会場。北千住駅はメトロの千代田線が通っているのでアクセスは◯。ちょうど駅から商店街を通る感じなので、帰りの食事には困らない感じ。近場に銭湯が多いのも特徴だけど、当然やたらと混むのでのんびり湯船に浸かりたい場合は、ちょっとエリアを外した方がベター。
  • 大会運営:運営の良さに定評のある大会だったはずなのに、今回はゴール後の導線設計が非常に悪く2時間以内でゴールした人はだいぶ待たされたはず。特に今回は雨が降る中での開催だったため、体を冷やしてしまった人も多かったことでしょう。来年の改善に期待。
  • コース:河川敷沿いのコースなので景色はまぁお馴染みの感じ。ちなみにコースの半分くらいは板橋シティマラソンと同じ笑。給水ポイントはだいたい2キロごとにあったので不足なし。給食はなし。
  • 雰囲気:バリアフリーの大会も兼ねていて伴奏者と一緒に走っている方を何人も見かけました。あとは車椅子の方も。歴史ある大会ということで、馴染みの大会に今年も参加といった感じのランナーが多く気張らずに走れる環境と感じました。

結果は自己ベストを2分ほど更新。雨は降っていたもののコンディションはそんなに悪くはなかったので、目標の1時間45分を切るのにはまだまだ練習が必要そう。もし来年もこの大会に出るようであれば、夏の走り込みの結果が試される大会になりそうだなぁ。今年はちょっと走り込み足りなかった。

昨年あたりからハーフの大会にコンスタントに出るようになってきて分かってきたことは、普段訪れない土地で、飯を食って帰ってくるのが結構楽しいということ。今回も千代田線で北千住まで電車で向かっている時に、帰りに何を食べるか食べログ見ながら考えるのが楽しかった。

ここからは、走っている最中に気づいたこと

  • 今回は雨ということもあって荷物預かりが激混みだった。早めに預けてその後アップするのが良さそう。
  • 折り返しのトップ選手に応援の声をかけたら、なんだか自分も勇気付けられたような気がするハック。次回もやってみたい。
  • 同じく、コスプレしてる人に声かけるもかなり楽しい。
  • 同じく、給水所で「いただきます」と言うとめっちゃ気持ちいい。
  • ゴミ袋で作った雨よけが本当に役に立った。寒さを凌ぐことにも使えるので必須アイテムと言える。
  • 汗を拭うための手持ちのちっちゃなタオルがあるといいかも。
  • この気温だと半袖で十分。手袋よりはアームウォーマーの方が良かったかな。
  • 後半でタイムが落ちていることに気づいて居なかった。定期的なペースチェックが必要。

次は11月の小江戸川越ハーフマラソンに挑戦です。

ベイビードライバー

http://sites.sonypictures.com/babydriver/discanddigital/share.jpg

www.babydriver-movie.com

ドラマチックなストーリー。蛇足がないのでストレートにガツンと響いてくる。
前半で見せるミュージカルっぽさ。うたいはしないけど、音楽に連動して人とカメラと背景がリズミカルに動いていくのがとっても楽しい!

カーアクション、けっこう派手。
でもそれをどうですかーすごいアクションでしょーって見せない。あくまでも音楽に合わせ合わせて派手にしてるだけ。この音楽に合わせてるだけというのが、この映画の一番の魅力な気がする。一番気持ち良いポイント。

見終わった後に冷静に振り返って見ると、多くの要素を絶妙なバランスでうまくブレンドしてる。見ている時は作品自体のバランスみたいなものは全然気づかず、むしろノリの良い音楽に乗せてハイテンションに一気に見せきってしまうジェットコースタームービー。

で、気持ちよく大満足で映画館を後にする。
そうかこれは狙って作ってるんじゃないからこういう映画になってるんだ。しかもそれぞれが高い完成度で組み合わさっているからこその気持ち良さ。このコンセプト、狙って作ったのだとしたらすごいなぁ。

次回作はオールロケのニューヨーク編をよろしく。


BABY DRIVER - Official Trailer

 

マーケティングの資格

マーケティングの資格を取得するに当たってメジャーな2資格「マーケティング・ビジネス実務検定」と「ビジネス・キャリア検定試験のマーケティング試験」について調べてみたメモ。

資格名 マーケティングビジネス検定 ビジネス・キャリア検定試験
主催 国際実務マーケティング協会 中央職業能力開発協会
実施日時 2月、6月、10月 2月、10月
試験区分 A級、B級、A級 3級、2級、1級(+営業)
受験料 3級5,980円、2級7,150円、1級:12,343円 3級5,660円、2級6,990円、1級:10,000円


開催場所のカバレッジを見てみると「ビジネス・キャリア検定試験」の方が圧倒的に多いので、受験者数や認知度も同じような傾向なんだろう。
一方で「マーケティングビジネス検定」はマーケティングの専門試験、「ビジネス・キャリア検定試験」はマーケティング以外の領域も豊富に扱ういわゆる資格ビジネスという味方もできる。なのでマーケティングに力点を置いているのは前者なのかな。

ダンケルク

f:id:tatolog:20170910012827p:plain

ダンケルク公開初日に行ってきた。

物語は突然はじまり、登場する人物が誰なのか、どんな状況なのか。説明は全く無い。物語が進んでも会話らしい会話はほぼ無し。あるのは画面に映る人物の表情や、状態が変化してくだけ。無駄を削ぎ落とし、変化だけを克明に観客に見せつけることで大きなインパクトを残しているのが非常に印象的でした。

画面に映るものに無駄な装飾は一切なし。音楽もインセプションインターステラーのように深く重い低音と、焦りと緊張を生む時計の音だけ。だからこそ、この映画で際立っているのが、完璧に計算され極限まで無駄を排除した映像美や、鋭く重く響く一発の銃声の音。小さな変化を見逃すことがないように意識付けられた観客は、常に集中を強いられ、半ば強制的にこの映画の中に没入していくことになるのだと思う。

緊張からずっと奥歯を噛み、体を強張らせ掌を握り、腕を組んで肩を張って過ごした時間を振り返ると、「究極の映画体験」のコピーに納得の一本でした。

ゼロ・ダーク・サーティ

本作は2011年5月2日に実行された、ウサーマ・ビン・ラーディンの殺害にいたる経緯を描いた、実話を元に作られたフィクション映画である。
監督は、2008年公開の『ハート・ロッカー』で史上初の女性によるアカデミー監督賞を受賞したキャスリン・ビグローが行った。主役のCIA女性エージェントはジェシカ・チャステインが演じ、第85回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、第70回ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した。
-wikipedia

手がかりを追いビン・ラディンへの情報をたどるシークエンスと、SEALsが最新鋭のステルスヘリで強襲するシーン、静と動どちらのシーンも緊張感の絵作り、物語運びで作品にのめり込むことができる。

一方、ストーリーは細切れ。小さな章ごとに物語を紡いでいくスタイルで、登場人物の描き方がややとっ散らかった印象。

総じてとても良くできた映画。見る人のポジションによって、テロとの戦いに買ったアメリカ賛美の映画と捉えるか、屈辱にまみれ自分の目的すら見つけられなかった自虐と捉えるか判断がわかれるのではないかと思う。