tatolog

【タトログ】冬はマラソン、夏は登山、年に2回は海外旅行が理想です

山王祭

f:id:tatolog:20181008183121j:plain

6月、山王祭でお神輿を担いだ。
こち亀が大好きだった自分にとって東京の大きなお祭りは、ちょっと大げさに言うと憧れのような存在。
当日は山王神社のある赤坂・永田町周辺の町会を神輿を担いで練り歩き、最後は神社の階段を登って境内をお参りするというフルコースを体験させてもらった。

その後、この山王祭という江戸時代から続く由緒あるお祭りがどんなものだったのか興味が湧いて、せっかくなので一次資料を当たるべく都内の博物館を巡ってみた。


江戸東京博物館

まずは両国の江戸東京博物館。ここには江戸時代の祭りに関する展示が大きなスペースで紹介されてる。
その中でも「天下祭」と呼ばれた山王祭神田祭は特に大きく紹介されていた。下の写真は山王祭を細かく描いた浮世絵。当時の規模の大きさを窺い知ることができる。この他にも精巧な人形で再現された当時の祭の参列や、原寸大の山車の展示があり見応え充分。

f:id:tatolog:20181008183623j:plain

 
東京国立博物館

続いてはトーハク(東京国立博物館)。
ここでは、歌川国芳の「東都富士見三十六景・山王神事雪解の富士」。国芳の浮世絵は斬新な構図や動物をモチーフにしたものを見たことがあったけど、これは富士山をテーマにした続き物の一つ。屋根から祭りを見ているかのようなダイナミックな構図。

f:id:tatolog:20181008183734j:plain

 

この他にも、展示はされていないが、「名所江戸百景」の「糀町一丁目山王祭ねり込」にも山王祭が書かれている。これは、自分も山王祭のときに実際に練り歩いた麹町のあたりを描いた浮世絵。

「名所江戸百景」を見ていると現在の東京の町並みと比べてどうなっているか、想像するのが面白くなってきて。博物館の中で関連する本を探してみるとドンピシャの本が見つかり、勢いで購入してしまった。結構分厚い本。他にも名所江戸百景を扱っている本はあったけれど、これが質量ともにベストかなと。そのままお買い上げ。Amazon以外で本を買うの久しぶり。

広重TOKYO 名所江戸百景

広重TOKYO 名所江戸百景

 

 

 東京都立図書館

この他にも歌川貞重の「山王御祭礼図」という大きな三枚続の錦絵が東京都立図書館に収蔵されているらしい。
これも一度実際に見てみたい。
https://www.library.metro.tokyo.jp/collection/features/digital_showcase/002/06/

上海に行きたい

f:id:tatolog:20160805065259j:plain

ここ数年、上海が気になっていて2泊3日くらいでふらっと行ってみたいなと思っている。

中国への旅行は、香港と台湾を除くと北京の一度のみなので、やや出足が重いのだけど週末だけで気軽に行ける目的地を増やしておきたいので年内に行けるといいなぁと。行くなら上海蟹が食べれる10月前後がいいのかな?

乗り気になったときに決断できるように航空券とホテル調べてみた。

 

航空券

f:id:tatolog:20180826013307p:plain

スカイスキャナーで10/26−28でスターアライアンスのみで調べてみるとANAが最安値で4万円ちょっと。大した時間乗るわけではないのでANAじゃなくてもいいんだけど。

スカイスキャナーによる東京から上海までの格安航空券

 

ホテル

フォートラベルで見てみると上位ホテルは3万〜5万円ほど。どこに泊まれば便利とかわからないから現状だとなんともだけど、だいたい東京のホテルと同じくらいということは理解。

フォートラベルの検索結果

 

比較対象にHISのツアーを見てみるとANA+そこそこのホテルが6万〜という感じなので妥当な金額っぽい。就航している航空会社が少ないから価格競争ないのかもしれないなあ。もう少し調べてみるか。

Daily2018

2018年のlog。基本的な行動範囲は皇居周辺の主に銀座、ときどき上野方面。

続きを読む

DEATH STRANDING Trailer

f:id:tatolog:20180708152013j:plain

メタルギアシリーズの生みの親である小島秀夫監督が手がけるPS4向けソフト「DEATH STRANDING 」。ワクワクしながら発売日までの日をすごすために、これまでに公開された全ての予告編を並べておく。

続きを読む

Mission: Impossible – Fallout

2018/08/03公開のミッション:インポッシブル−フォールアウト。大傑作だった前作「ローグ・ネイション」の流れを汲む作品になりそう。

予告編第二弾(2018/05/15)

youtu.be

  • 1本目に続いて過去最高に期待が高まる予告編!
  • 血が滴り落ちる印象的なカットや、不穏な何かを予兆させるような緊張感溢れる音楽などなど盛りだくさんの内容。
  • そしてこの不気味な雰囲気をさらに盛り上げてくれる腹に響くアレンジされたお馴染みのテーマ。
  • 6作目にしてシリーズの中で最もダークシリアスな内容になりそう。
  • イルサ役のレベッカ・ファーガソンだけでなく、ソロモンレーン役のショーン・ハリスも再び登場。これは前作の予習必須な予感。
  • 近未来感すらある輸送機からのダイブ。
  • ルーサー「show time~♪」。3作目の「play ball」を思い出して笑ったw

予告編第一弾(2018/02/04)

youtu.be

予告編の予告!を出だしにつけて、ミッションインポッシブルの新作「フォールアウト」の予告編がついに公開。

  • 舞台はパリから始まる様子。
  • ハンリー長官、ルーファス、ベンジー揃い踏み。
  • そしてⅢ以来の登場、ハントの妻役ミシェル・モナハンが再登場。
  • タフなファイトシーンが目印の〈スーパーマン〉ヘンリー・ガビル
  • メインテーマのアレンジめちゃくちゃアガる。

東京で遊ぶ:ミッドタウン日比谷で映画を観る

f:id:tatolog:20180506163446j:plain

日比谷に新しいTOHOシネマズができた。「TOHOシネマズ 日比谷」は東京ミッドタウン日比谷の4階。

オープンから1ヶ月ほどで早くも4回も行ってしまった。何がいいって、最新の設備に座り心地が良いシートで見れるのに他の映画館で観るのと同じ値段。webから予約しておけば、仕事を終わらせてギリギリで着いても焦る必要ないので気分的にも楽だ。あと街の雰囲気的にも大人な街なのがいいよね。落ち着いて観れるというか。映画見るときって客層ってけっこう大事だなと思う。
オープンしてからまだ日が浅いからビル自体が混んでるけど、21時位に映画見終わるとけっこう人波もやわらいでくるので地下のフードコートで軽く食事して帰るのもいいかも。

銀座、有楽町あたりの駅から徒歩圏内だし、たいてい地下でつながっているから雨の日でも楽ちん。他の映画館に行く機会が減ちゃいそう。

 

TOHOシネマズ 日比谷
TOHOシネマズ 日比谷:施設紹介 || TOHOシネマズ

LIFE!/ライフ

f:id:tatolog:20180506132607j:plain

『LIFE!』(ライフ、原題: The Secret Life of Walter Mitty)は、2013年のアメリカ合衆国の叙事詩的コメディドラマファンタジー映画。監督と主演はベン・スティラーが務めた。

この映画は1939年に発表されたジェームズ・サーバーの短編小説「ウォルター・ミティの秘密の生活」(The Secret Life of Walter Mitty)を原作とするダニー・ケイ主演映画『虹を掴む男』(1947年公開)のリメイク作品である。(Wikipedia)

実在する雑誌「LIFE」の休刊というリアリティのある話と、空想癖のある主人公ウォルターの脳内で繰り広げられるフィクションが絶妙に混ざり合っていく。
物語の始まりから途中まではあからさまに妄想と分かるシーンが多く、それがウォルターを演じるベン・スティラーお得意のコメディタッチで描かれているため笑いとともに消化されていく。でも、途中からその境がわからなくなってしまう。
これによく似た作品が「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」。最後のどんでん返しで、どこまでが語り手の物語なのかという線引きにゾクッとさせられたが、この「LIFE!」は主人公ウォルターの空想がいつのまにか突飛な行動の現実と一致をみることになる。
このさじ加減が本当に絶妙で、ウォルターの空想を冷めた目で見ていたのがいつの間にか興味とともにのめり込んでしまう。

個人的なベストシーンは、アイスランドにて物々交換したスケボーに乗った時、音楽とともに物語のギアが変わる感じ。最高にアガる一番の見せ場。ヘリに乗るときは迷っていたけれど今度は違う。みずから決めたゴールに向かって突っ走る主人公の心情の変化が言葉より、表情よりもずっと如実に現れていたと思う。

共演者について。
ウォルターの人生にすこしずつだけ関与する共演者が少ない登場時間ながらも強烈なインパクトを残す。
LIFEの休刊そしてデジタル化を推し進めるために送り込まれたひげの経営者「アダム・スコット」。本当に嫌なヤツ。
電話で数回はなしただけなのにどうしても誰かを頼らなければならない状況で救いの手になってくれた「パットン・オズワルド」。
そしてなんといってもショーン・ペン。なにも喋らない目で語る演技が印象的。ずいぶん前に見たミスティックリバーの彼を思い出した。

ひとつだけ不満だったのが、最後の一枚の写真が序盤でなんとなく想像がついてしまったところ。もう一捻りあったら良かったかも。でも映画全体のできからすれば些細なこと。いろんな角度から見てとても良い出来栄えの一本でした。

LIFE!/ライフ オリジナル版 (字幕版)